Fp

Portfolio
Portfolio
Portfolio

Role

Housing

Date

October, 2015

Agency

NON

美術作家のための住宅。
新しく開発造成された区画の一角に計画され、敷地のポテンシャルは13m×13m(169平米)、建蔽率は50%でした。アトリエと住居が一体化されており、それぞれの室が重層化された構造フレームで連結されています。その連続性は縦方向にも広がり、地下にあるアトリエと2階の寝室も空間的につながっています。この住宅の主なコンセプトは立方体の4次元化に由来していますが、事実上4次元立体は私たちの現前には具体的には実現しないものの、n個の立方体の辺を面で結び4次元立体を仮想的に構成されているため空間は「辺」と「面」あるいは「線」の中を縦横無尽に接続されている「状態」は構成できます。構造は、鉄骨フレームに断熱性能を持たせたアルミパネルで外壁を構成し、一部に面の裏返しとして木材が使われています。